ツルヤ商店 籐製品 籐工芸 籐家具    
ブログ
TOP ami 籐源郷 こだわり 会社概要 つるや品物店 ブログ お問合せ
こだわり
使い込むほどに飴色の艶が増し、独特の味が出てくる

 高齢の方々には今でも、籐製品は「日本の職人の造る製品」そんな郷愁があるはずです。
 しかし、時の流れは、籐製品を東南アジアの雑貨品にしてしまいました・・・
 弊社は、明治末期の創業以来、頑固なまでに「自社製造の国産」にこだわり続け、移りゆく時代の中で温かさを守り続けてきました。繊細な日本人の手仕事によって造られる国産籐製品の良さをきっと理解していただけると思っております。
 自然との共生が叫ばれている昨今、天然素材「籐」を用い、時代の声に耳を傾けながら、これからも[確かなもの]を贈り続けていきます。
有限会社 ツルヤ商店
会田源司
会社概要 作品展示会
会社名 有限会社 ツルヤ商店
所在地 〒990-0057 山形市宮町5丁目2-27
TEL 023-632-4408 (代)
FAX 023-632-4409
E-Mail tsuruya@tsuruya-net.com
創業 明治40年
法人設立 昭和36年11月
代表者 代表取締役 会田源司
資本金 1,000万円
事業内容 籐(家具・インテリア製品)全般の製造
ギャラリーショップの運営(展示販売)


1999年 山形エクセレントデザインセレクション 奨励賞受賞(山形県)
2003年 山形エクセレントデザインセレクション エクセレントデザイン賞受賞(山形県)
2006年 グッドデザイン賞受賞(財団法人 日本産業デザイン振興会)
2006年 山形エクセレントデザインセレクション エクセレントデザイン大賞受賞(山形県)
2007年 sozo_comm 選定(「生活関連産業ブランド育成事業」経済産業省)
2008年 第三回和のある暮らしのカタチ展 審査員特別賞(中小企業基盤整備機構)
2012年 グッドデザイン賞受賞(公益財団法人 日本産業デザイン振興会)


・山形市伝統的工芸品振興会
・NPO法人山形県デザインネットワーク
・社団法人日本経営士会
・籐事業協同組合
・山形商工会議所

【変 遷】
1907年(明治40年) 会田惣三郎、六日町(現相生町、旧社屋)において、「会田ツル細工店」創業
1927年(昭和2年) 会田惣三郎死去により、会田源太郎が代表となる
1958年(昭和33年) 会田源太郎死去により、会田茂男が代表となる
1961年(昭和36年) 「有限会社ツルヤ商店」として法人化
1987年(昭和62年) 会田茂男死去により、会田源司が代表となる
2009年(平成21年) 社屋(工場・事務所)、宮町の現在地へ移転
▼ Map
 
 


The natural material, rattan originating in the south was introduced to Japan long ago, during the Heian Era by envoys. Rattan was loved for its durability and flexibility and has been used in Europe and Japan to create a range of artful and warm products.

Rattan turns a light brown and gains a unique look and feel as it ages.

There is no doubt that the older generations of today still feel a sense of nostalgia in the fine products created by the craftsmen of Japan.

However, as time passed the stature and prestige associated with rattan products fell to a point where they were passed off as something akin to novelty goods from South East Asia and when the boom for rattan arrived in Japan around 1980, domestic manufacturers could not keep up with demand. Other factors, such as the strong yen, marked the gradual decline of traditional manufacturers across the country.

Despite the dramatic changes the industry has witnessed over the years Tsuruya Shouten has remained stubbornly loyal to our self-manufactured, domestic product since our establishment towards the end of the Meiji Era. All of our manufacturing processes are done completely by hand, including binding using only the best quality, hand selected material (lustrous binding material), bending using specially designed tools and intricate weaving. Other timber materials are no comparison to rattan in terms of its lightness and workability and the beautiful natural contours unique to rattan give it a beautiful, natural feel as an interior material.

In order to revive awareness of the beauty of rattan and the skills of the Japanese craftsmen, Tsuruya Shouten continues to pursue the beauty of domestic-made, rattan products in tune with the times in an effort to deliver products of absolute quality.

Genji Aita


(Company Name) TSURUYA SHOUTEN INC.
(Address) 5-2-27 Miyamachi,Yamagata 990-0057 JAPAN
(Telephone) +81-23-632-4408
(Fax) +81-23-632-4409
(E-mail) tsuruya@tsuruya-net.com
(HP) http://www.tsuruya-net.com
(Established) 1907
(Incorporated) November 1961
(President) Genji Aita
(Capital) 10 million yen
(Member Organizations) Yamagata City Traditional Crafts Organization
NPO Yamagata Design Network
Rattan Industry Cooperative
Association of Management Consultants in Japan
Yamagata Chamber of Commerce and Industry

(History)
1907 Aita Tsuru Saikuten established in Muikamachi (now Aioi-cho, the former
location of the business premises) by Sozaburo Aita.
1927 Gentaro Aita appointed as President upon the death of Sozaburo Aita.
1958 Shigeo Aita appointed as President upon the death of Gentaro Aita.
1961 Incorporated as Tsuruya Shouten.
1987 Genji Aita appointed as President upon the death of Shigeo Aita
2009 Business premises (production facilities and offices) relocated to their current
location in Miyamach




Copyright(C) TSURUYA SHOTEN INC.All rights reserved.